外で遊ぶ時の注意【庄内地方でツツガムシ病】


お天気のいい日は、外に出ていっぱい遊びたいですね。緑もたくさん、虫もたくさん。いろんな生き物を観察するもの今の時期だから。

でも外遊びは気を付けないといけないことがあります。

それは、ダニ。マダニの被害もありますが、先日庄内地方では、ちいさなこどもがツツガムシ病と診断されたそうです。

山や森に遊びにいった時だけでなく、ちょっと草むらで遊んだ時には、次のような手段が効果的と言われます。

  1. 長袖、長ズボン、長靴、手袋等を着用し、素肌を出来るだけ露出しない。→でも、暑いですよね~
  2. 休息する時には、なるべく草むらに直接座らない。→座るなといっても、座ります。
  3. ダニ忌避剤、防虫剤を衣服に散布する。→ディート入りの虫よけは、小さい子には使いたくない。
  4. 立ち入ったあとは入浴し、吸着したダニを洗い流す。→これ!汗かいた後は沐浴、水浴びが一番。遊びながら体くまなく洗いましょう。
  5. 今まで着ていた服はすぐに洗濯、洗い流しましょう。

(2)治療が遅れると重篤になる場合がありますので、ダニの生息していそうな場所に立ち入ったあとに発熱した時には、早期に医療機関を受診しましょう。

詳しくはこちら↓
保健所
http://www.pref.yamagata.jp/ou/kenkofukushi/090001/20130425/tutugamushi.html

元気に安心していっぱい遊びましょう♪

このページのトップへ