予防接種の受け方


お子さんの体調がよいときに早めに受けましょう。

予防接種は病気に対する抵抗力(免疫)を作り、感染症の発生や流行を防止するために行います。

予防接種の種類について

酒田市で実施している予防接種

種類 接種回数

対象年齢

(標準的な接種年齢)

注意事項 場所
ヒブワクチン

 生後2か月~5歳未満

(初回接種開始は生後2か月~7か月未満)

標準的な接種年齢で接種開始できなかった場合は、回数・接種時期について、かかりつけ医にごそうだんください。  

 

予防接種協力医療機関

(要予約)

小児用肺炎球菌ワクチン

 生後2か月~5歳未満

(初回接種開始は生後2か月~7か月未満、追加接種は生後1歳~1歳3か月未満)

4種混合

ジフテリア

百日せき

破傷風

ポリオ

 1期初回

3回

生後3か月~7歳6か月未満

(生後3か月~12か月まで)

20日以上、標準的には20日から56日までの間隔で3回接種します。
1期追加

1回

7歳6か月未満で、1期終了後6か月以上

(12か月~18か月)経過後

1期3回目と1期追加の間隔は通常1年ですが、医師に相談してください。
 BCG 1回

生後1歳未満

(生後5か月~8か月未満)

麻しん

風しん

混合

 1期1回 生後12か月~24か月未満 1歳になったら、なるべく早く受けましょう。
 2期1回

5歳以上7歳未満で小学校就学前の1年間

*いわゆる保育園・幼稚園年長児

忘れずに受けましょう。
水痘  2回

生後12か月~36か月未満

1回目接種から3月以上あけて2回目接種(1回目:生後12か月~15か月、2回目:1回目終了後6月~12月の間隔あけて)

1歳になったら、なるべく早く受けましょう。
日本脳炎 1期初回

2回

生後6か月~7歳6か月未満(3歳)

6日以上、標準的には6日~28日までの間隔で2回接種します。3歳になったら、なるべく早く受けましょう。
 1期追加

1回

7歳6か月未満で、1期2回目終了後(4歳) 1期初回終了後6か月以上、標準的にはおおむね1年を経過した時期に接種します。

*持ち物:母子健康手帳、予診票(個人コードを忘れずに記入してください)

*接種間隔等は一般的には上記のとおりですが、かかりつけ医に相談してください。

*酒田市予防接種協力医療機関以外での接種をご希望の方は、健康課にお問い合わせください。

予防接種を受けに行く前に

(1)一般的注意

 ①当日は、朝からお子さんの状態をよく観察し、ふだんと変わったところがないこと          を確認するようにしましょう。

予防接種を受ける予定をしていても、体調が悪いと思ったら、かかりつけ医に相談の上、接種するかどうか判断しましょう。

 ②受ける予定の予防接種について、通知やパンフレットをよく読んで、必要性や副反 応についてよく理解しましょう。わからないことは接種を受ける前に接種医に質問しましょう。

 ③母子健康手帳は必ず持って行きましょう。

 ④予診票は接種する医師への大切な情報です。責任を持って記入するようにしましょう。

 ⑤予防接種を受けるお子さんの日頃の健康状態をよく知っている保護者の方が連れて   行きましょう。保護者以外の方が同伴して接種を受ける場合は、委任欄への記入が必要になります。予防接種の効果や副反応などについて理解した上で、接種に同意した時に限り、接種が行われます。

(2)予防接種を受けることができないお子さん

 ①明らかに発熱(通常37.5℃以上)しているお子さん。

 ②重篤な急性疾患にかかっていることが明らかなお子さん。

 ③受ける予防接種の接種液の成分で、アレルギー反応を起こしたことがあることが明らかなお子さん。

 ④BCG接種の場合は、予防接種、外傷等によるケロイドが認められるお子さん。

 ⑤その他、医師が不適当と判断したお子さん。

(3)予防接種を受ける際に注意を要するお子さん

 ①心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気や発育障害などで治療を受けているお子さん。

 ②予防接種で、接種後2日以内に発熱の見られたお子さん及び発疹、じんましんなどアレルギーと思われる異常が見られたお子さん。

 ③過去にけいれん(ひきつけ)を起こしたことがあるお子さん。

 ④過去に免疫不全の診断がされているお子さん及び近親者に先天性免疫不全症の方がいるお子さん。

 ⑤ワクチンにはその製造過程における培養に使う卵の成分、抗生物質、安定剤などが入っているものがあるので、これらにアレルギーがあるといわれたことのあるお子さん。

 ⑥BCG接種の場合においては、家族に結核患者がいて長期に接触があった場合など、過去に結核に感染している疑いのあるお子さん。

(4)病気になった後の予防接種の間隔について

病気になった後の予防接種は、かかりつけ医と相談してください。体調が良くなってから接種するようにしましょう。病気が治ってから予防接種できる概ねの期間ですが、麻しんは4週間後、風しん・水痘・おたふくかぜ等は2~4週間後、突発性発疹・手足口病等は1~2週間後といわれています。

予防接種を受けるには予診票が必要です

予診票はすくすく手帳(健診問診票と予防接種予診票のつづり)として、生後3か月になる前に対象者へ送付します。
なお、転入された方で酒田市の予診票をお持ちでない方は、母子健康手帳をお持ちになり、市健康課又は各総合支所市民福祉課へおいでください。

※予防接種協力医療機関リストにない医療機関での接種を希望される場合は、事前に市康課にご連絡ください。

このページのトップへ