通学区域の変更


児童・生徒が就学する小・中学校については、教育委員会が住所による通学区域に基づき指定していますが、特別な事情があり、通学区域外の学校への通学を希望する方は、通学区域外就学許可の申し出をすることができます。教育委員会の許可基準に該当する場合に限り、区域外就学が認められます。

許可基準

該当理由基準学年備 考
最終学年での転居・転出入最終学年で、現在の学校で卒業を希望する場合小6年
中3年
小5年と中2年の3学期からこれに準ずる
心身の健康上心身の健康上の問題で指定する学校に通学困難な場合全学年いじめ、不登校を含む
留守家庭日中留守世帯の状況にあり預け先の学区の小学校を希望する場合全学年親戚・知人・学童保育等に預かってもらう場合
転居予定住宅新築・購入等により転居予定である場合全学年同一年度内の転居予定であること
転居学期(学年)途中の転居で、転校のため、心の準備等を要する場合全学年承認期間は学期(学年)末まで
兄弟姉妹で同一校に通学兄弟姉妹の一方が学区外通学を承認され、別々の学校へ通うことが負担となる場合全学年上の子が卒業するまで
その他
(通学区域の改編)
通学区域の改編により通学すべき学校が変更された後、引き続き今まで通学していた学校を希望する場合全学年原則としてすでに通学している児童・生徒に限る

※上記以外に特別な事情のある方は、教育委員会にご相談ください。
※教育委員会が必要と判断した場合は、関係機関、学校長等の証明書・意見書等を添付書類として求めることがあります。
※保護者から申請があった場合のみ申請を受理します。

お問合せ

酒田市教育委員会学校教育課 学事係
(場所:酒田市役所中町庁舎4階  電話:0234-26-5776)

このページのトップへ