通学区域の変更


児童・生徒が就学する小・中学校については、教育委員会が住所による通学区域に基づき指定していますが、特別な事情があり、通学区域外の学校への通学を希望する方は、通学区域外就学許可の申し出をすることができます。

教育委員会の許可基準に該当する場合に限り、区域外就学が認められます。

許可基準

該当理由 基  準 備  考
家庭事情 保護者の就労状況等により、日中留守世帯の状況にあり希望校の近くに保護先が確保されている場合

両親の離婚等、本人の精神面に多大な負担を与える事情があり、教育環境面に配慮を要する場合

転居予定 確実な希望校学区内への転居条件が整っている場合

短期間内の度々の転居により、教育環境面に配慮を要する場合

原則として転居予定日までの期限付き許可
学年途中の転居 転居等で転校することにより、本人の精神面に多大な負担を与える可能性がある場合 5・6学年以外は原則学期末か学年末までの期限付き許可
兄弟姉妹関係 本人の兄弟姉妹がすでに希望校に在学している場合 兄弟姉妹が同じ希望校に同時申請を行った場合は、一括判断とする
疾病・身体障害 肢体不自由、病弱等の理由で距離的に近い学校を希望する場合

定期的な通院治療を要する病気があり希望校への通学が通院にとって正当性がある場合

その他 在学校でのいじめ等で不登校状態にある場合。

帰国児童生徒、外国籍児童生徒で配慮を要する場合。その他教育委員会が配慮が必要であると認めた場合

問合わせ先

庄内町教育委員会教育課学校教育係(立川庁舎) TEL0234-56-3316

このページのトップへ