子育て支援医療費助成


子どもの健康な発育の支援と、次の時代を担うべき子どもを産み育てやすい社会環境を整備し、社会福祉の増進を図るため、子どもが病気やけがをしたときの医療費の一部を助成します。

対象

0歳~就学前の乳幼児

小学生及び中学生で、扶養義務者の前年の所得金額(1月~6月生まれの場合は前々年の所得金額)が下記以下の場合
※ただし第3子以降の児童は所得制限の適用がなく、全員対象となります

扶養者数と所得制限額

0人… 460万円  1人… 498万円  2人… 536万円  3人… 574万円
4人… 612万円  5人… 650万円

※老人扶養親族または老人控除対象配偶者がある者についての限度額は上記の額に1人につき6万円を加算した額。

「所得額=年間収入額-給与所得控除又は必要経費-8万円」

※医療費控除、寡婦控除等を受けている場合は、その額を所得から差し引くことができます。詳しくはお問い合わせください。

対象者別助成内容

0歳~就学前の乳幼児… 外来・入院・薬局等
小学生及び中学生 … 入院のみ

医療機関等での助成額

0歳~就学前の乳幼児
扶養義務者の前年(または前々年)の所得税が非課税、対象児童が第3子以降の児童、対象児童が3歳未満の児童 → 全額
それ以外の場合 → 自己負担額を除いた額
※但し、入院時食事代等は助成の対象となりません

小学生及び中学生
扶養義務者の前年(または前々年)の所得税が非課税、対象児童が第3子以降の児童 → 全額
それ以外の場合 → 自己負担額を除いた額
※但し、外来診療にかかる医療費、入院時食事代等は助成の対象となりません

自己負担額

外来時:530円/1日 … 同一医療機関月4回まで (就学前乳幼児のみ)
入院時:1,200円/1日
訪問看護利用時:600円/1日 … 同一医療機関月5回まで (就学前乳幼児のみ)

申請手続き

持ち物:児童の健康保険証・印鑑(更新の方は使用中の医療証も必要)
転入された方は扶養義務者の前年(または前々年)の所得が証明できるもの。
※医療証の交付後に住所や加入医療保険に変更があった場合も申請が必要です。

問い合わせ先

国保年金課 ℡:0235-25-2111 内線124
各地域庁舎 市民福祉課

このページのトップへ