• 人と人をつなぐプラットホーム

酒田市子育て世代包括支援センター「ぎゅっと」は平成29年6月にオープンしました。

市民健康センターの中にある妊娠から出産、子育て期のさまざまな相談の窓口です。

SONY DSC

 

建物を入ると、正面にふぁーと優しい光が窓から漏れていきます。ドアにはかわいらしい装飾があり、まだ部屋に入っていないのになんだか肩の力がすっと抜けるような感じがしました。

 

ぎゅっとは保健コーディネーターとして保健師2名、助産師1名、看護師1名の4名が専任で配置されています。

母子手帳の交付で初めて顔を合わせるところからはじまります。

手帳交付、マタニティガイドブックを見ながらの説明をしてくれます。

手続きから始まり、妊娠中や出産後の家族の協力体制の相談や、妊娠後期のギフト、陣痛タクシーのことなどなど、たくさんあります。

ただ、

妊娠初期はつわりなどで体調がよくないこともあり、ましてや初めての妊娠の場合、喜びより不安が多くあります。そんな状態でたくさんの説明があっても聞きのがしてしまうこともしばし。ぎゅっとの職員のみなさんは、そこも理解の上、何度でも、何回でも対応しますとのこと。些細なことでもぜひ相談してほしいとおっしゃってました。

各機関や各地域の保健師さんとの連携・協力体制もしっかりしていて、「顔の見える相談」「つながり」を大切にしていることが伝わります。

SONY DSC

 

相談件数は来所が多く、昨年度より倍増しているそうです。

「わからないことがあったらいつでも聞きに来て」と相談しやすい声をかけて安心感を与えてくれる職員の方々。

とても思いのある方々の応援があるから、「一人じゃない」「人に頼ってもいいんだ」と気軽に相談できる場所になってるのかもしれません。

 

 

 

SONY DSC

投稿者プロフィール

たんちゃん
たんちゃんNPO法人明日のたね 副代表理事
鶴岡市在住 夫・娘(中2)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です