• 人と人をつなぐプラットホーム

子育てって、ちょっと欠けてたり、でっぱってたり、、、

それがちょうどいい。欠けてて、でっぱって、悩んで、笑って

子育てしている「わたし」とともに

子育てしている「あなた」とともに

子育てを応援しているみんなとTOMONI

お互い様とおかげ様でともに育ち合う地域を目指して

サイトの特徴

庄内地域で子育て支援の活動をされている団体・施設が自ら提供したい情報をそれぞれ投稿することで、
地域に密着した情報を子育て家庭へ届けることを特徴にしています。

キャッチフレーズは「みなさんとともに作るサイト」。そこから愛称「TOMONI」が生まれました。

ここでいう「みなさん」には、子育て世帯(お母さん、お父さん、おばあちゃん、おじいちゃん・・・)、子育て支援団体・グループ、民間団体、そして行政機関(二市三町の子育て支援課、子育て支援センター等)が含まれています。さまざまな団体や個人が協働しながら、「みんなで」「楽しく」子育てができる庄内地域をつくっていきましょうという思いが「TOMONI」にこめられています。

2020年から子育て中のママさんライターの記事も投稿できるように準備中です。
本サイトが子育て中の皆様に広く活用され、人と人がつながるプラットフォーム的なサイトになりますように

加入団体(一覧)2020年3月31日現在

栄子育て支援室「なかよしルーム」、民田子育てひろば「あそぼ」、三瀬保育園ぽかぽか森の小さなお家、小堅保育園「わんぱくルーム」、鶴岡市子育て広場まんまルーム、鶴岡市子ども家庭支援センター、藤島児童館、羽黒子育てセンター「にこにこひろば」、くしびき子育て支援センター、地域子育て支援センター「るんびにー園」、おおやま子育て支援センター、中央児童館ひろっぴあ、西部児童館ゆめっくり、大山児童館くるっくる、酒田子育て支援センター、八幡子育て支援センター、松山子育て支援センター、平田子育て支援センター、酒田市親子ふれあいサロン、西荒瀬子育て支援センター、三川子育て支援センター、庄内町子育て支援センター、遊佐町子育て支援センター、児童家庭支援センターシオン、あつみ子育て支援センター、鶴岡南部児童館、特定非営利活動法人にこっと、子育てサポートセンターあらた、鶴岡市健康福祉部子育て推進課、酒田市子育て支援課、庄内町子育て応援係、三川町役場政策企画課、遊佐町福祉子育て支援係、鶴岡市健康課、庄内町余目第一公民館、庄内町立図書館、酒田市男女共同参画推進センター「ウィズ」、山形県男女共同参画センター チェリア、鶴岡市自然学習交流館ほとりあ、酒田市立図書館、大山よい子ワイワイルーム、中平田保育園、浄徳幼稚園、山形県立鳥海学園、ちょうかい子育て応援団、共立社、元気王国、泉学区子育て応援団「コロボックル」、公益のふるさと創り鶴岡、鳥海高原家族旅行村、里仁館、環境教育工房LinX、土門拳記念館、庄内支庁子ども家庭支援課、酒田市教育委員会社会教育課、山形県金峰少年自然の家、庄内観光コンベンション協会、美しいやまがたの海プラットフォーム、山形県立こころの医療センター、イヌワシの森倶楽部、山形県港湾協会、公益財団法人庄内地域産業振興センター、特定非営利活動法人ひらた里山の会、特定非営利活動法人庄内海美化ボランティア、鶴岡市暘光児童館、株式会社永田プロダクツチェリーリンク

 

 

これまでのあゆみ

2008年 「地域情報化人材育成研修」(東北公益文科大学大学院・慶應義塾大学)を受講した東北公益文科大学大学院生3名(加藤法弘、江口暢子、中野靖子)が「女性のための総合支援サイトの開設」を提案し最優秀賞を受賞。
2009年 女性のための総合支援サイトの実現に向け「子育て生活応援サイト(仮称)」の企画を山形県子育て支援課、庄内総合支庁子ども家庭支援室(当時)に提案。当時に庄内総合支庁、東北公益文科大学、庄内地域の市町、子育て関係団体が参加して研究会を立ち上げる。
2010年 7月 庄内地域の子育て支援団体5団体(NPO法人にこっと、NPO法人あらた、NPOぴーちくぱーく、NPO法人やまがた育児サークルランド、託児サービスコメットさん、鶴岡市中央児童館)と東北公益文科大学が参加して庄内地域子育て応援協議会(会長伊藤真知子(東北公益文科大学教授))を設立。民間団体からなる協議会が行政(庄内総合支庁・鶴岡市・酒田市・三川町・庄内町・遊佐町)と協働しながら、庄内地域の子育て支援に関する情報提供と町内地域の子育て環境の向上を目的とする活動を開始する。
2011年 3月 庄内地域一円の子育て関連情報を収集し一元化を目的とした庄内地域子育て情報サイト「TOMONI」を開設。行政(庄内総合支庁)のサイトを民間団体の庄内地域子育て応援協議会が運営する。
2011年 3月 親子安全啓発事業により発行した「安心ノートTOMONI」を庄内の子育て全世帯に配布。サイトからダウンロード可能になる。
2012年 サイトの加入団体 52団体(3月)
【関連事業】再就職支援事業を県より受託。妊娠、出産や転勤などのために離職した母親を対象として、将来の再就職に備えた準備講座のプログラムを開発。酒田で開催。
2013年 再就職準備講座を鶴岡で開催 「TOMONI的就活ルーム」としてサイトにアップする。
2014年 4月 サイトの管轄は庄内総合支庁から民間企業の特定非営利活動法人明日のたねに譲渡される。
2016年 6月 サイトリニューアル。より一層見やすく、参画しやすいサイトになる。
2018年 サイトの管理運営しているNPO法人明日のたねがやまがた公益大賞グランプリを受賞する。
2019年 サイトの管理運営しているNPO法人明日のたねがスミセイ未来賞を受賞する。

※加入団体は、サイトにイベント等の入力・掲載できる団体のこと